社畜日記#001

社畜日記.jpg

社畜日記#001

この記録は、現在ブラック企業で社畜として働く私が、入社当初から現在(5年目)

そして目標である2年後の脱ブラックまでの記録です。脱ブラックの為、現在様々な事に取り組み、

勉強しております。また、特定回避のため少しフェイクぶぶんがあります。


○そもそも社畜とは?

社員として勤めている会社に飼い慣らされ、自分の意思と良心を放棄し

サービス残業や転勤も厭わない奴隷(家畜)と化した賃金労働者の状態を揶揄したものである。

「会社+家畜」から来た造語かつ俗語で、

「会社人間」や「企業戦士」などよりも、外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。

ウィキペディアより



●入社編

今から5年ほど前の2014年に入社いたしました。

周りの知人からは、結構厳しいらしいよ、など聞いてはいたのですが、

当時はそれほど気にしていませんでした。

というのも、入社してから1ヵ月ほどは、まだ就労許可が出ていないので、実質労働することもまだない状況でした。

今回はこの1か月間について語ります。



●入社~1か月目

入社してすぐに、数点違和感に気づきます。


違和感

・みんな休みを取らない(休日なし)

・昼休みがご飯食べて終わり(15-20分間)

・朝8時前~23時まで仕事。

・従業員の集め方

・従業員給料

以上5点です。


従業員に関しては、後日記述するとして、



・みんながやすみをとらない

読んで字のごとく、みんな当たり前のように毎日出勤してきます。社長をふくめてです。

雨の日も風の日も関係ありません。(例外後日記載)

・昼休みがご飯を食べて終わり

社員食堂があるのですが、そこで食べて終わり、すぐに復帰です。



・朝8時前~23時まで仕事。

社長がだいたい、8時から8時半に来ます。それより早く出社しないといけません。

法律上が8時間勤務となるため、休憩時間の1時間(これすらない....)を含んだ8時〜17時が定時と考えると、

18時以降が残業となる為、8時間労働+5時間残業になります。問答無用で休みなしなので、

月の労働時間(30日間)は

240時間+150時間=390時間 ですね。

法定労働時間とは、労働基準法第32条に規定されている労働時間の限度のことであり、
労働者を1日8時間、1週間40時間以上、働かせてはいけないと法律で決められています。

なーるほど....ええっ?


次回へ続きます。








この記事へのコメント